ロジクールM570が故障⇒保証期間内なので交換できた

マウスの腱鞘炎対策で紹介したロジクールのM570ですが、使用して約1年ぐらいで故障してしまいました。

チャタリングというシングルクリックしているのにダブルクリック
になってしまう現象が発生したんです。

このチャタリングで一番被害がでるのがドラッグ・アンド・ドロップ
なんです。



ファイルを移動しようとすると想定外のところに移動してしまうんですよね。

というのも長押ししているつもりでも、いつの間にかボタンを離したことになってしまっているからなんです。

そのせいでファイルが行方不明になってしまうこともあります。

基本的にファイルの移動はショートカットキーを使ったほうが
間違いないですけどね。

他にも文章を選択しようとしている時に最後まで選択できずに
何度もやり直すことになってしまうこともあります。

文章の選択はキーボードでもできますけど、なんとなく面倒なんですよね。

チャタリングが発生してもショートカットキーなどを使いながら
なんとか使っていましたがストレスが溜まってしまいます。
スポンサーリンク



ということで保証書を確認してみたところ3年間の保証期間が
あるようでしたので、Logicoolのサポートでアカウントを作成し修理の依頼をしました。

サポートからの返信ではM570の生産が終了しているため、M570tとの交換になるとのことでした。

M570tはM570と形状がほぼ同じものだったので特に問題はないと思い了承しました。

交換に必要な書類は以下の通りです。
・保証書(印字された販売店名、購入日が確認できる物)
・保証書がない場合や保証書に販売店名、購入日が記載されてない場合は
「購入日」、「販売店名」、「製品名」が印字された購入証明も合わせてご提示ください。
(例:レシート、納品書、発送確認メール
(メールの場合はテキスト形式でなくメールソフト上の画面のスクリーンショットをお願いします。))

サポートへの問い合わせから約1週間ぐらいでM570tが到着しました。

使ってみた感じではM570とほとんど変わりはないですね。

また壊れる可能性がありますので、保証書は3年間大事に保存しておいたほうがよさそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-30 ロジクールM570が故障⇒保証期間内なので交換できた はコメントを受け付けていません。 PC