家事をしている時にテレビの音が聞こえづらいときの対策

料理や洗い物、掃除などの家事をしている時に
テレビの音が聞き取りにくいときがありますよね。

換気扇の音や水道の音は結構大きな音ですので
遠くにテレビがある場合は音が聞こえなくなってしまいます。

一人のときはテレビのボリュームを上げれば聞くことが
できますが、家族がいる場合はそうもいきません。



家事をしながらでも家族と一緒にテレビを見たい時は
もどかしい感じがします。

バラエティー番組を見ているときなど、
みんな笑っているのに自分だけ内容が分からなくて
笑えない時は疎外感もありますよね。

家族のために家事をしているのに自分だけ除け者って
感じで卑屈になってしまうことも...

この状況を解決できるものとして
キッチンの近くでテレビの音声が出力できる
スピーカーがあります。

手元スピーカー

私の場合は
Bluetooth(ブルートゥース)送信機
Bluetooth対応 ワイヤレスイヤホン
を組み合わせて使用しています。
Bluetooth対応 ワイヤレスイヤホンと送信機

イヤホンを付けるのが煩わしいと思う方もいるようですが、
ワイヤレスイヤホンなのでトレイに行ってもテレビの
音声を聞くことができるのがいいですね。

イヤホンが嫌じゃなければスピーカータイプよりも
こっちがオススメです。

ワイヤレスイヤホンとブルートゥース送信機を
別々に購入する場合は注意点があります。

それはBluetoothのプロファイルです。
送信機とワイヤレスイヤホンが同じプロファイルに対応
しているか確認してから購入するようにしてください。

そうしないとせっかく買ったのに使えない可能性があるんです。

高齢の祖父母と暮らしている場合でも
手元スピーカーは活躍します。

年を取り耳が遠くなってしまうとテレビのボリュームが
どうしても大きくなりますよね。

一緒に生活しているとやっぱり気になってしまいます。

チョットうるさいなぁと思ってしまうことも...

致し方ないのですが、
テレビのボリュームを少し落としたいですよね。

窓を空けているときなどは近所迷惑になってしまう
ぐらいボリュームが大きくなっていることも
ありますからね。

そこで祖父母の近くに手元スピーカーを置くと
テレビのボリュームを小さくしても聞こえるように
なるんです。

一緒にテレビを見るときもストレスを感じることが
なくなると思います

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-07-10 家事をしている時にテレビの音が聞こえづらいときの対策 はコメントを受け付けていません。 家電