テレビのリモコン(HITACHI Wooo C-RT4)を分解して修理

テレビ(HITACHI Wooo)のリモコン(C-RT4)のボタンを
押しても反応しない箇所がでてきてしまいました。

一応リモコンだけ買い換えることができるか楽天やアマゾンで
チェックしてみたところ3,000円チョットで販売されていました。


強く押し込めばなんとか反応する場合もありますが、
全く効かないボタンも存在する。

リモコンが完全に壊れているのであれば、全てのボタンでテレビが
動かなくなるはずなので、反応しないボタンの箇所がゴミなどで
汚れてしまっている可能性がある。

ということでリモコン(C-RT4)が分解できないか
確認してみましたが仕組みがどうにも分からない。

スポンサーリンク


ネットで分解方法を解説しているサイトがないか
検索してみたところ、youtubeでリモコンを分解している
動画があったので、それを見ながらなんとか
リモコン(C-RT4)が分解できました。

https://www.youtube.com/watch?v=EzeFtmbEPnM

リモコンの裏面にある2箇所の穴に何か差し込んでカバーを
持ち上げると少し空間ができるので、薄いドライバーなら
差し込むことができると思います。

リモコンの下の部分にマイナスドライバーを差し込むことが
できたら、側面を広げながら上に持ち上げればカバーを
外すことができると思います。

リモコンを分解して電子回路基板とボタンの裏面を無水エタノールを
付けた綿棒で擦って汚れを落としてみたら、リモコンの反応が
良くなりました。

これで一安心と思っていましたが、
数日して、また、リモコンの効きが悪くなってしまいました。

今度はコンタクトスプレー(接点復活剤)を吹きかけてみました。

すると、症状が悪化して全く反応しなくなってしまったんです。

調べてみるとコンタクトスプレーは汚れを落とすだけでなく、
導電性ゴムの導電性物質(カーボン等)まで落としてしまう可能性が
あるようなんです。
ゴム自体に導電性の物質が練りこんである場合は大丈夫だと思います。

よく調べてからコンタクトスプレーを使用すればよかったと
後悔しましたが仕方ありません。



導電性物質が無くなってしまったのなら代替のものを付けるまでです。

4Bの鉛筆でボタンの接触部分を塗るという方法があるようですが、
4Bの鉛筆が無かったのでHBの鉛筆で塗ってみましたが駄目でした。

できれば自宅にあるものでリモコンを直したかったので、
導電性物質としてアルミホイルを使うことにしました。

アルミホイルを小さく切ってボタンの裏側に貼り付けるという
方法です。

うまくいくか分からなかったので取り敢えず糊で貼ってみました。

すると凄くリモコンの反応が良くなりました。

ただ、何回か押してるとまた反応しなくなってしまいました。

分解してみると案の定アルミホイルが剥がれていました。

今度は剥がれないように瞬間接着剤を使用して
アルミホイルを貼り付けました。
テレビのリモコン修理
これでリモコン(C-RT4)の修理は完了しましたが、
瞬間接着剤ではなく両面テープを使用すれば良かったなぁと思いました。

瞬間接着剤は塗るのが大変なんですよね。
液が出過ぎてしまったり、先端部分が乾いて詰まってしまったりと
結構苦戦しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-09-03 テレビのリモコン(HITACHI Wooo C-RT4)を分解して修理 はコメントを受け付けていません。 家電